シンプルに使いやすい、着物リメイクの小物集。|つると キモノフク

着物リメイク 小物 コレクション つると TSURUTO

 和の雰囲気とモダンさのバランスが程よい、着物リメイクの小物。

 着物一枚からリメイクされる小物は、手仕事が凝縮されたオンリーワンのアイテムです。また、生地としての上質さ、描かれる模様のかわいらしさ、どこを探しても見つからないような個性があります。

 着物コーディネートのアクセントとして。着なくなった着物を受け継ぐモノとして。そんな日常に彩りを添える、着物リメイクの小物を集めてみました。

着物リメイク 小物 サコッシュ クラッチバッグ 

  • 小物1)デイリーユースの「きものターバン」
  • 小物2)スーツに合わせた「きものネクタイ」
  • 小物3)2-way の日常づかい「きものサコッシュバッグ」
  • 小物4)現代版の風呂敷「わのしき」
  • 小物5)目を引く色使いの「きもの財布」
  • 手仕事のあるモノ

1.デイリーユースの「きものターバン」

着物リメイクの小物を、おうちスタイルでも。 ターバン

 着物は、一枚で十分に素適です。しかし、数枚組み合わせると、より個性的でモダンな雰囲気にすることもできます。きものターバンに使用する生地は、着物であったり、着物の裏地。その多くが天然素材であり、着け心地がとても軽やかで、長い着用も気になりません。
 また「着物の模様・柄」「生地の質感・肌触り」「色の組み合わせ」など、着物リメイクならではの特徴が、ターバンひとつに詰まっています。

着物リメイク 小物 つるとのターバンコレクション着物リメイクの小物、ターバンを使用したコーディネート

洗えて、心地いい。

 着物リメイクでのよくある質問として、「洗えるの?」と聞かれることがあります。結論から言うと、洗えますが中には洗うことを推奨しないお着物もあります。着物リメイクの洗い方について、以下の記事にてご紹介しています。

→ 「着物リメイクの衣服を洗濯する時の気をつけたいポイント

 「きものターバン」は、ヘアアクセサリーですので、洗濯する前提で製作しています。特に、夏の季節など汗をかく季節ほどターバンを使用するため、簡易的に洗うことをお勧めしています。
 後のリボンで緩さの調整ができ、締め付け感なく、シルクやコットンの心地よい肌ざわりを堪能いただけます。

お持ちの着物から、ターバンをつくる

 1種類の生地から、ターバンをセミオーダーすることができます。初めて、着物リメイクの小物をつくりたいという方におすすめしています。セミオーダーの料金は、お着物をそのままお預けしていただき、¥5,500(外税)からです。日常づかいしやすい、着物リメイク小物ターバンは、以下よりセミオーダーください。

セミオーダーページ > 


2. スーツに合わせた「きものネクタイ」

 着物地をバイアスに使うことで、それまで見ていた着物から一転、モダンな雰囲気のネクタイに生まれ変わります。独特な模様や印象的な色合いのネクタイを締めることで、気分が上向いたり、周りの人との話題となったりするのではないでしょうか。
 正絹で製作するきものネクタイは気品程よい個性があります。そのため、贈り物としても選ばれる小物です。

着物リメイク 小物 上質なネクタイ

お持ちの着物から、ネクタイをつくる

 着物地によって、ネクタイに向き不向きがあります。ネクタイに仕立てる際、生地によって形がキレイに整いづらいためです。特に、生地が厚すぎる or 薄すぎるものは、ネクタイに不向きな生地のため、当店ではお客さまへおすすめしておりません。
 大島紬などは、ネクタイへの着物リメイクが向いている着物地です。もし、ご相談などがあれば、お気軽にお申し付けください。

詳細をみる > 


3. クラッチバッグにもなる「きものサコッシュバッグ」

着物リメイク小物 サコッシュ クラッチバッグ

 布製のバッグのいいところのひとつ。それは、持っていても疲れないような軽さであることです。きものサコッシュバッグは、手持ちにも肩がけにもできる 2way の仕様になっています。その日の気分や装いに合わせて、少しカジュアルな個性的着物リメイクの小物として活躍します。

コンテンポラリーでエスニックな布小物

 きものサコッシュに向いているのは、張り感のある帯や少し厚みのある着物地。使用する柄・模様、色合いだけでなく、その素材感によっても個性が生まれます。形のシンプルなバッグに和柄を合わせると、もともとそれが着物であったことに意外にも気がつかれません。

 それだけ、着物の柄が多様であり、使い方によっても違った風に見えるのです。モダンにも見えて、文化的に見える布小物とも言えます。

セミオーダーページ >


4. 現代版の風呂敷「わのしき」

着物リメイク 小物 風呂敷 

 いつからか、日本において風呂敷を使うという習慣は、一部の人のものとなり、今では風呂敷の結び方・使い方がわからないという方は、決して珍しくありません。

 つるとのスタッフは、色々なものを持ち歩くとき、わのしき(風呂敷のようなもの)を常使いしています。というのも風呂敷は、四角い布であることが最大の特徴なので、ハンカチ感覚で畳みポケットやバッグに入れておくことができるからです。軽くて、広くて、邪魔にならないのはもちろん、スカーフとしてもお使いになる方も。

着物リメイク 小物 現代版風呂敷のわのしき

 わのしきは、普通の風呂敷とは異なり、何枚かの布を剥ぎあわせ、一枚に仕立てています。異なる柄や織り、質感や色合いの着物同士を組み合わせるのは、少し時間のかかることですが、それによりオンリーワンに仕上がります。

 シルクの手触りや、スローメイドならではの立体感。時間のつやがもたらす贅沢さもまた、着物リメイク小物で味わうことができます

関連記事

着物リメイクの風呂敷でおしゃれに用の美を愉しむ
シンプルな風呂敷の包み方・使い方


5. 目を引く色使いの「きもの財布」

着物リメイク 和小物 財布 つると 

  シンプルでプレーンなものが手に取りやすいですが、柄モノもまたとても素適です。小物の場合、洋服に比べ柄・模様がはっきりしていても、手に取りやすいのではないでしょうか。

 着物の帯は、描かれる柄のモチーフがユニークであったり、織りの風合いが独特であったりと印象深いものが多く思います。そういった生地で仕立てるお財布は、どれも他に同じものがなく品のあるエレガントさがあります(そして見るからに金運がアップしそうです

着物リメイク 和小物 お財布 つると

お持ちの帯・着物から、お財布をつくる

 「きもの財布」をセミオーダーするには、着物の袖が一枚くらい必要です。あまりにも生地が薄いものですと、使用しているうちに生地が弱まり、切れてしまうかもしれません。ですので、セミオーダーする際は、生地の丈夫さを確認した上で、お申し込みください。

セミオーダーページ >


手仕事のあるモノ

 ヴィンテージやアンティークを日本語に置き換えると、どんな言葉が適切なのでしょう。「ことば」が意味することを理解できるのに、適切な形容する母国語の言葉が見つからなかったり、ピッタリと当てはまる気がしなかったりします。

 着物リメイクの小物の良さのひとつは、自然に生まれる時代のつやがあるということです。意図的に、ヴィンテージ風に加工を施すのとは違います。一度は完成したモノが、時の流れの跡を残し、より完成されていく。そんなイメージです。


 時を経て大切にされて着物が、手を加え小物になることは、手仕事なしにはあり得ません。そうして、時代のつやが紡がれたモノこそ、とても素適なヴィンテージ品ではないでしょうか

 着物・浴衣を着るときの和装用バッグであったり、巾着やエコバッグの代わりとしての風呂敷といった和小物に、着物リメイクという選択肢を感じていただけたら嬉しいです。

アイテム一覧 >

コメントする

All comments are moderated before being published