コンテンツへ移動

“布を纏う”

YANTOR

ヤントルは、衣と文化のあたらしい関係性を私たちに提案する。

衣と文化

彼らの身体は水のように美しく流れる

静寂の中に生きる美しい人々

異国と。

独創的でありながら、どこか
懐かしく、新しい。
異国を思わせる空気感を持つ一方、
私たちが内包する情景も連想させる。
民族的でありながら、洗練された
ヤントル独自のフォルム。

Varanasiの地にて

アジアを中心に、さまざまな地域とつながり活動するヤントル。
その1つにインド”バラナシ”がある。
そこは、歴史が時間を超えて紡がれ、
多くの文化や宗教が入り交る
混沌とした街だ。

ヤントルは、この地域で生地を
作り始めて5シーズンが経つ。


布を身体に纏い、布を手で
織る
バラナシの人々にとって、
それは集団的アイデンティティであり、
生活の一部となっている。

6ply Khadi Flyfront Shirts

カディコットン

手紡ぎ手織りのカディコットン。6 本の糸を手で紡いで 1 本の不均一な太い糸を作り出し、手織りの織機で織り上げるという、膨大な時間と手作業の痕跡を体感できるファブリック。インド東部のバングラディシュとの国境に近いコルカタ近郊のPhuliaの村にて。

YANTOR|ヤントル

デザイナー:坂倉弘祐、吉田賢介
武蔵野美術大学 空間演出デザイン学科卒業後、2008年にスタート

彼らが見る先の、さまざまな土地の 生活と文化 から、身体と衣との関係性を探求し続ける。 そして、その起源を紐解こうとする姿勢が、彼らの衣へと落とし込まれる。 独自の着想が、衣に言葉を介さないコミュニケーションを投影させ、 その衣は、新たな空気を生み出し、日常へと溶け込んでいく。

__________________

PROJECT

ONE by ONE

inle

SITUATIONS 003

The silence of Little Tibet

SITUATIONS 002

Photo by YANTOR

SITUATIONS 004
Photo : Kosuke Sakakura

SITUATIONS 003
Photo : Katsuhiro Aoki
FIlm : Goo Koyano

SITUATIONS 002
Photo : Katsuhiro Aoki
FIlm : Goo Koyano

SITUATIONS 001
Photo : Katsuhiro Aoki

Use this banner to greet your customers and inform them about new collections, sales or shipping policies.

寄り添う「お店」

オンラインストアだからこそ
心あるお店づくりと対応を。

チャリティー

売り上げの一部を
寄付しています。

さらに詳しく >

無駄なく、包む

環境に配慮した、
ミニマルな梱包・包装。