船の門出を彩る「大漁旗」を、プロダクトに。FUNADE・田中鉄太郎さん

FUNADEデザイナー・田中鉄太郎さんに、この10年間で感じる変化やFUNADEへの想い、今後について話を聞いた。

MATSURI TRAVEL 東北|10年の時間

「自然の前では小ささを確認するばかり」 染色家の友人から貰った手紙の一言に、深くうなずいた。 遡ること2016年。TSURUTO が動き始めた頃、「MATSURI TRAVEL」という、催事を行っていた。その催事では、日本各地のサステイナブルに生産されている“和のもの”を紹介し、和のあたらしい姿を提案していた。 中でもデニム・ジーンズファンを驚かせたプロダクトがある。 それまで廃棄されるしかなかった“メカジキの吻(角)”を、デニムに活かしたオイカワデニムのプロダクト「Swordfish fiber mixed Denim | メカジキデニム」である。 紡績の段階で、高品質のオーガニックコットンと粉砕したメカジキの吻を混紡、銅・金属製であるチャックなどのパーツは、タグワ椰子が原料の本ナットボタンが使われていたりと、そこまでやるのかと驚かされる「土に還るデニム」なのだ。 『あの日の記憶』 そのメカジキデニムは、宮城県は気仙沼にてつくられている。 ようやく最近になり、SDGsやエシカルという言葉を耳にする機会が増えた。しかし、その言葉が現在のように耳にする前から、このメカジキデニムは存在している。 背景として、10年の歳月が立つ2011年3月11日の大震災。オイカワデニムの拠点である気仙沼は、大震災で甚大な被害を受けた。今なお、「あの日、何をしていたか、誰と過ごしていたか、どこにいたのか」が、人それぞれ記憶を鮮明に持っているのではないだろうか。 そして、自然災害という、ひとが太刀打ちすることのできない体験は、其々に「大切な何か」を与えてくれた。 『オイカワデニムと地元漁師との交流』 宮城県気仙沼市には、気仙沼漁港があり、通年でカジキマグロなどが水揚げされている。その気仙沼の地元漁師とオイカワデニムとの交流は、震災を機にはじまった。 煮ても焼いても食べることのできない、メカジキの吻。それは、廃棄されるしかない代物であった。交流の中、知った事実に対し「その廃棄をどうにかできないか」という問いから生まれたのが、メカジキデニムであった。 『10年という時間』 2011年から、2021年という“10年の時間” エコロジーに関しての問題意識は、以前からあったものの、この国の意識は、ようやく動き出したように感じる。 メカジキデニムは、瞬間的なキャンペーンのためではない。 この10年を経て、社会的イシューと、プロダクトとしてのクオリティに真摯に向き合う、オイカワデニムの姿勢は、一本のデニムに昇華された。 そしてこれからも熟成されていく。 VIEW...

江戸庶民を支え続けた「千鳥うちわ」、ものづくりの魅力。

現在に至るまで、つくられ親しまれてきた千鳥うちわ。そのルーツは明(みん)から持ち帰られた言われている。やがて江戸庶民を魅了し、生活に溶け込みながら人気を博した千鳥うちわ。品として美しいだけでなく、それを創造してく姿勢に本当のうつくしさがあるのだろう。それは、現代にも通ずることだが忘れられていることかも知れない…

ルーツをつなげる わたす#3

着物が日常の衣としてではなく、特別な体験になり、地域性が深く根付いた織物は、一部の人の楽しみになってしまったような気がする。 この国に存在している織物の様式美には、奥深さがあり、私たちの祖先は、それを日常の着る物に落とし込んでいた。様々な織物の模様に目をやると、和の柄の幅広さに気がつかされる。

越谷の隠れた伝統工芸品「千鳥うちわ」

「日本のものづくりは素晴らしい」   こんな言葉は周知の事実にも関わらず、具体的に何がすごいのか話せる人はそう多くないだろう。   そんなことを書いている私自身も、その素晴らしさを語れるような見識はまだないのだが、その道何十年の職人さんから聞く話は毎回新しい発見として、この国のものづくりの奥深さを感じさせてくれる。

日本橋三越本店でのイベントのお知らせ 10/16-22

 つると が「はかり屋」に、gallery shop TSURUTO をオープンし、10月11日で一年が経ちますが、偶然にも節目のタイミングで日本橋三越本店にて、ポップアップのイベントを開催します!! 今回は、「キモノフク」がメインとなるため、たくさんの素敵なお着物たちが衣服としてアップサイクルされています。  今回より、トップスとスカートを新たなパターンに加え、セミオーダーの受注及、一点ものの着物リメイクを提案させていただきます。さまざまな衣服との組み合わせができるユニークな着物からつくるアイテムや、秋や冬に取り入れたくなる暖色系の着物からも、今回は衣服を作っております。

一年が、経ちます。 gallery shop TSURUTO

 埼玉は越谷市にある古民家「はかり屋」にて、gallery shop TSURUTO をオープンし、10月11日で一年が経ちます。 アート展を見に来ているかのように、そこにある「モノ」に触れ、お買い物を楽しんでほしいという思いが、そこにはあります。  ギャラリーショップで紹介してきた「モノ」は、心から素晴らしいと思えるつくり手の品々であったり、独自の色を物に込め発信するクリエイターたちとのコラボしたプロダクトなどです。

間伐材と木のある暮らし

この国の建物は木造のものが多く、 私たちの潜在的な感性で木から温もりを感じ取ることもできます。 木の曲線に美しさを見出した盆栽、香木をたき時間や空間を楽しむ香道、心落ち着かせる音を放つ焚き火 木々は昔から、五感を刺激する役目を担っていた存在です。 現代でも木々を見て落ち着く感覚を覚えるのは、暮らしの中で木製の品々に囲まれることを自然と望んでいるからかも知れません。

わたす#2

 誰かが思いと感性を込め創り上げたモノには、うつくしいデザイン性だけでなく、物語が存在します。しかし、モノは作り手から生み出されただけでは、100%の完成ではないと思っています。だれか、どこかと空間を共有し、溶け込むことで成立すると私は考えています。そして、その空気を絵として切り取ったような写真が、開くだけでワクワクするカタログには詰まっています。

江戸ファッション×多様性|リカイトウのイラスト連載 #02

江戸ファッションは、着物が主流なので着物流行が中心の流行がありました。 流行になるまでのプロセスは、現代のファッションと似ていて、歌舞伎役者や遊女が、流行を発生させ、けん引するファッションリーダ-としての役割を担っていました。それは、現代のように仕掛け人がいて、TV、雑誌、ネットを通じてはやらせるような高度なものではなく、偶発的流行が主流でした。日本の文化が海外から注目される今日、基となっいる日本の当時のファッションは一体どんなものであったのでしょうか。

寄り添う「お店」

オンラインストアだからこそ
心あるお店づくりと対応を。

チャリティー

売り上げの一部を
寄付しています。

さらに詳しく >

無駄なく、包む

環境に配慮した、
ミニマルな梱包・包装。