コンテンツへ移動

長く愛せる、着物リメイクのコート。サイカイの衣

ジャケットやハオリ、ロングコートまでをご紹介。

着物リメイクを洋服とコーディネートする|キモノの模様・和柄が、文化的魅力をより引き出す。

キモノとは違う日本の文化的魅力あるおしゃれを楽しめる、洋服とのコーディネートも掲載していきます。

スーツスタイルに欠かせない、着物リメイクのネクタイ|「きちんと感と遊び心が両立する小物アイテム」

日々身につけるネクタイ。キモノという、上質で文化的な生地からできた「きものネクタイ」が、きっとその日を彩る。

今日から始める、シンプルな風呂敷の包み方、使い方。|エコバッグ編 着物リメイクの風呂敷

 四角い布を風呂敷と名付け、さまざまな包み方・使い方を生み出し、日常的道具として風呂敷を使用してきた先人たちは、どんなにクリエイティブ だったのでしょう。 その昔に培われた風呂敷文化は、今の時代にも決しておとらず、私たちの生活をより豊かにしてくれる可能性を秘めています。 日本で生まれ育ったとしても、小さい頃から風呂敷を使っているという方は、どれほどいるのでしょうか。 箱やワインを包んだり、手提げやエコバッグとして自由に風呂敷を使いこなし、日々の暮らしを前より少し身軽に、心地よさを感じる。そんな愉しみをわのしき(着物リメイクの風呂敷)から味わってもらえるよう、この記事では、今日から始められる、シンプルな風呂敷の包み方・使い方をご紹介します。 知っておきたい わのしき のこと シンプルな結び方 : 真結びと一つ結び オルタナティブエコバッグ : わのしき結び 最も王道な風呂敷の使い方 : お使い結び 知っておきたい わのしき のこと “わのしき”は、着物リメイクをしている中で出会った着物を使用し、一枚の四角い布に仕上げた、現代版風呂敷です。キモノの幅(反物幅)をそのまま使用するため、横が 65 ~ 74 cm の長さの四角い形をしており、簡単に折りたためバッグに収納しやすい大きさになっています。 使用するのは、ヴィンテージの着物や着物の裏地、デットストックの反物などです。そのため、日本の美的感覚を再認識するような柄や模様、ものづくりの姿勢を知る裏地の素敵な色合いが、特徴的に一枚の布に現れるのです。 大きさ:縦...

わのしき「キモノから四角いお供」|着物リメイクの風呂敷でおしゃれに”用の美”を愉しむ

休日の朝、近くのパン屋さんで朝食のパンを買う時。 何気なく立ち寄った本屋さんで、気に入った本と出会った時。 友人へのプレゼントや贈り物を少しオリジナルに送りたい時。 日常の中で、袋や包装紙を使う機会が点在しています。 日本では古くから、そのようなシーンで「風呂敷」が使われていました。 形としては至ってシンプルで、正方形に近く(縦の方が若干長い)、商人が品物を運搬したり、旅人が荷造りするのに用いたりと、広く定着していたそうです。 一枚の四角い布を、いろんな包み方をすることで、小物を入れる巾着に変化すれば、贈り物にふさわしい包みにもなり、大なり小なり用途に合わせて使うことができる風呂敷。 折り紙と同じく、自由な発想をもとに物を使うところに、用の美を感じますよね。 つるとでは、着物リメイクのひとつとして、着物や裏地をその使用した“わのしき”(風呂敷)を製作しています。 今回は、タイムレスで独自性あるプロダクト わのしき をご紹介します。 特徴その1)目と手で味わう美しさ 特徴その2)自在で機能性ある用の美 特徴その3)タイムレスなデザイン 現代版風呂敷で、日常を彩る  着物リメイクならではなの特徴その1|目と手で味わう美しさ つると で製作するわのしきは、キモノフク(着物リメイク)で使用する着物やその着物の裏地が素材となります。キモノフク同様に、着物を解き、洗いを終えた後、コーディネート(組み合わせ)を考え、一枚一枚仕上げています。 着物から、四角い布を製作することで、着物のもつ風合いが程よく現れ、上質で洗練された風呂敷に仕上がります。 織りの素材感を知る コットンの布生地や、和柄がプリントされている化繊の生地とはまた異なる、着物独自の素材感を味わうことができるのが、着物リメイクだからこその特徴です。 キモノフク全体を通して、着物に描かれた和の柄や模様の多様さを伝えています。その真髄たる和の柄の多様性は、わのしきにも通じ、さらにはそれぞれの産地による織りの違いを味わうことができるでしょう。 着物リメイクならではなの特徴その2|自在で機能性ある用の美 “用の美”は、わびさび 同様、世界に発信したい和の美意識のひとつですが、その定義自体は、比較的あたらしいです。 庶民の生活道具として使われていた、名もない職人による民芸品に新たな価値を見出し、“用の美”が称えられました。それは、1900年代であり、さほど昔のことではありません。 現代的“用の美”...

着物リメイクを普段着として装う。

普段着としてのキモノフクの魅力と、気軽に着用できるアイテムをご紹介。

キモノフク Geshi collection | 「夏の姿」古典柄をモダンに、 涼やかな大人の着こなし

Kimono Fuku Geshi Collection  大人によく似合う上質感、夏の季節に程よいお着物から仕上げます。 【Geshi collection】T0044 | 黒の夏着物から、ハクロドレス 透け感のあるシックな夏のお着物。 アイボリーの程よい和柄とダークトーンの麻のような素材感。 キモノフクにすることで、涼しげで上品な一着に。 【Geshi collection】 T0046 | 深めグレーの夏の着物から、ハクロドレス 縦にウェイビーストライプの入った夏着物。   深めのグレーに、張りと透け感のある生地。 ハクロドレスにすることで、大人っぽくシックな一着に。 【Geshi collection】 T0045 | 深めブルーの着物から、ハクロドレス ボタニカル柄の深いブルーのお着物。落ち着いた青に、型染めのように描かれる黒の模様が特有。キモノフクにすることで、大人っぽい上品な一着に。 【Geshi collection】 T0047...

着物からハオリコートへ|着物リメイクのセミオーダー

ハオリコート designed by NIGELLA 以前のジャーナル ’春から冬まで着られる、ハオリコート’ でも紹介したハオリコートを着物リメイクのセミオーダー「サイカイの衣」で仕上がったハオリとともに、ご紹介いたします。このフリーサイズのハオリは、幅広い体型・年代の方々から支持をいただいてるジェンダーフリー・エイジレスなコートです。ゆったりとしたシルエットで、それぞれの身体にそうような落ち感が特徴です。 [デザインの特徴] スッキリとしたシルエットながら、見た目以上にゆったりと着れるフリーサイズコートです。 ​袖をロールアップしたときに見える裏地は、着物ならではの表情であり、素材感がより引き立ちます。 ポケット付き  次の写真上は、モデル身長 164 cm、写真下は、モデル身長 178 cmです。 サイカイの衣|キモノフクのセミオーダーの事例 【落ち感のある着物からハオリコートへ】柔らかくサラッとした手触りの正絹着物より、ハオリコートにリメイクいたしました。以下はお客さまの声です。「きれいに出来あがっていて嬉しいわ。これからの季節にちょっと羽織って出かけるのにいいわね。パターンが背の低い私でも着れるデザインなのね!」 【白大島紬の着物からハオリコートへ】大島紬らしい生地のハリ感と柄が印象的な白を基調とした着物より、ハオリコートにリメイクいたしました。以下はお客さまの声です。「とても気に入りました。余ったハギレで何かできそうであれば、追加でお願いしたいです。」 コーディネート|それぞれのハオリコートで 付属のリボンをウエスト部分で巻くだけでなく、コートやジャケット、トップスと合わせることでギャザードレス一枚の幅が広がります。ボルドー色の紗のお着物をリメイクしたドレスです。 このハオリコートをつくるために おおよそ、きもの地の布幅は34 cm です。洋服地と違い、狭い生地幅のため、一枚の着物を丁寧に解き、その幅に合わせて仕上げていく必要があります。そのため、通常の服づくりとは異なる細かな型作りの土台が必要となります。 「羽織るだけでおしゃれに見える」など、着物リメイクをされたお客さまから、嬉しいお声をいただいております。 このハオリコートはジェンダー問わずまた、年代問わずきていただけるようなシンプルかつフリーサイズのデザインです。シンプルだからこそコーディネートを楽しめるアイテムとして、長く着ていただけます。ぜひ、仕舞ったままのお着物をお持ちの方は、お気軽にお問い合わせください。→ info@tsuruto.com...

着物からギャザーショルダードレスへ|着物リメイクのセミオーダー

ノースリーブのギャザーショルダードレス エレガントなドレススタイル、ゆったりとしたワンピースのスタイルで着られる、シンプルなギャザーショルダードレスの紹介です。【デザインの特徴】 リボンは取り外し可能で、ウエストをマークすればドレススタイルに、リボン無しのスタイルはゆったりとしたリラックススタイルで2wayの異なる雰囲気をお楽しみいただけます。 ​フロントとバックの両Vネックスタイルで背中側も印象的なデザイン。前後で開きの深さが異なっていて、前と後ろを逆にしても着用可能です。 ポケット付き 下の写真(黄色と茶系色のドレス)の着丈は、L丈(120 cm)です。モデル身長は、160 cm です。 サイカイの衣|キモノフクのセミオーダーの事例 【紬の着物からギャザーショルダードレスへ】柔らかな長春色の紬着物より、ギャザーショルダードレスリメイクいたしました。以下はお客さまの声です。「こんな風に素敵に仕上がってビックリしまた。 頭からかぶるだけなので着やすく、気取らずサラッと着れそうなところがいいですね。イヤリングでグレード感がアップしそうなのも嬉しいです。」 【浴衣からギャザーショルダードレスへ】肌触りの良いより有松絞りの浴衣をギャザーショルダードレスにリメイクいたしました。以下はお客さまの声です。「こういった着物リメイクのオーダーが初めてのことだったので、どんな風に仕上がるのか不安もありましたが、こんな風に着れるワンピースに生まれ変わってとてもうれしいです。母の形見をどうしてよいかわからず、「布ぞうり」にしようと考えていたところ、こちらを知り、 出会えて本当に良かったです。」 コーディネート|同じドレスで 付属のリボンをウエスト部分で巻くだけでなく、コートやジャケット、トップスと合わせることでギャザードレス一枚の幅が広がります。ボルドー色の紗のお着物をリメイクしたドレスです。 コーディネート|薄手のセーターとジャケット このギャザーショルダードレスをつくるために おおよそ、きもの地の布幅は34 cm です。洋服地と違い、狭い生地幅のため、一枚の着物を丁寧に解き、その幅に合わせて仕上げていく必要があります。そのため、通常の服づくりとは異なる細かな型作りの土台が必要となります。 「ワンピースとしてそのまま着物の柄を楽しむことができます」など、着物リメイクをされたお客さまから、嬉しいお声をいただいております。 このワンピースは着物の生地幅を存分に生かしたシンプルなデザインです。シンプルだからこそコーディネートを楽しめるアイテムとして、長く着ていただけます。ぜひ、仕舞ったままのお着物をお持ちの方は、お気軽にお問い合わせください。→ info@tsuruto.com >>このアイテムでセミオーダーをする<<   【オンラインでのセミオーダー方法】現在、埼玉県越谷市にある古民家にて、店頭でのキモノフクセミオーダーの受付をしておりますが、店頭にお越しいただけない方でも、当オンラインストアよりご注文することが可能です。下方の、「キモノフクセミオーダーの手順」をご確認ください。 >>キモノフクセミオーダーの手順<<

キモノフク ”新作”の茶ドレスとYANTOR Linenwool Slit Coat Black | new arrivals & how to style

今回は、キモノフク 新作のハオリドレス 「茶ドレス」に、Linenwool Slit Coat 黒を羽織ってみました。「茶ドレス」は、私たちのルーツである着物から、インスパイアされたカタチ。首元は着物のイメージをそのままに、裾のサイドにやや深めにスリットいれ、さらに袖のをロールアップすることでエスニック&エレガントに仕上げました。モノトーンに近い系統でまとめると、大人の間と品のあるすっきりとした印象になります。

寄り添う「お店」

オンラインストアだからこそ
心あるお店づくりと対応を。

チャリティー

売り上げの一部を
寄付しています。

さらに詳しく >

無駄なく、包む

環境に配慮した、
ミニマルな梱包・包装。