コンテンツへ移動

キモノフク|洗濯時のケアについて

A. 色落ち・色移り
B. 生地の縮み
C. シワのつきやすさ
お取り扱いについて

1
同梱の「キモノフク お取り扱いについて」を参考にケアをしてください。

2
できるだけ、水洗いで行いましょう。

3
友禅・黒留袖・訪問着など。

水のみでのお洗濯でも、同じ生地での色移りが発生することがあります。そのため、水に通す頻度は少なめにしましょう。お手入れとして、着用後は風通しの良い場所で陰干しをしてください。

また、色の風合いを下の着物地の状態で保つには、クリーニング店にて依頼することを強くお勧めします。

1
同梱の「キモノフク お取り扱いについて」を参考にケアをしてください。

2
仕立てる前に、お着物を水に通し、縮ませております。それ以上に大きく縮むことは稀ですが、縮んだように感じたら、半乾きの状態で当て布をしアイロンを施してくだい。

3
お召・楊柳縮緬・裏地ありで仕立てた場合など。

水に通すことで、型崩れが起きます。洋服としての、元のシルエットに戻すことが極めて難しいため、お手入れはクリーニング店にて依頼することを強くお勧めします。

1
同梱の「キモノフク お取り扱いについて」を参考にケアをしてください。

2
完全に乾燥した後のシワは、アイロンでも伸ばすのが難しいです。また、無理にアイロンを当てることで、生地が痛んでしまいます。

そのため、干す前にスチームを当て、生地の脈になった部分を軽く手伸ばし、着用後は風通しの良い場所で陰干しをしてください。

お送りした「キモノフク お取り扱いについて」の内容を、WEBにてまとめております。以下よりご覧いただけますので、キモノフク洗濯時に参考してください。

お取り扱いについて >

寄り添う「お店」

オンラインストアだからこそ
心あるお店づくりと対応を。

チャリティー

売り上げの一部を
寄付しています。

さらに詳しく >

無駄なく、包む

環境に配慮した、
ミニマルな梱包・包装。