コンテンツへ移動

着物リメイクをお店以外でオーダーする際に確認したい4つのこと

つると のオンラインストアでは、お店に足を運ばず、着物リメイクをオーダーしていただけます。しかし、実際に着物地メイクをオーダーして、”どんな風に仕上がるか、イメージができない”ということで、オンラインストアでの注文をためらう方も多いのではないでしょうか。 今回は、お店以外での着物リメイクのオーダーを、スムーズかつ快適に行っていただけるよう、オーダー前の留意点について、ご紹介いたいます。

洗練された和柄のアロハシャツ |着物リメイク

洗練されたアロハシャツを、着物から。

着物リメイクを普段着として装う。

普段着としてのキモノフクの魅力と、気軽に着用できるアイテムをご紹介。

着物リメイクの衣服を洗濯する時の気をつけたいポイント

着物リメイクの衣服を洗濯時、気をつけたいポイントを紹介!

着物リメイク|10年後も着続けたい、着物から作るワンピース

着物からつくるワンピース・ドレスは、上質な唯一無二の一点ものでありがながら、気軽に装うことができる。

キモノフク Geshi collection | 「夏の姿」古典柄をモダンに、 涼やかな大人の着こなし

Kimono Fuku Geshi Collection  大人によく似合う上質感、夏の季節に程よいお着物から仕上げます。 【Geshi collection】T0044 | 黒の夏着物から、ハクロドレス 透け感のあるシックな夏のお着物。 アイボリーの程よい和柄とダークトーンの麻のような素材感。 キモノフクにすることで、涼しげで上品な一着に。 【Geshi collection】 T0046 | 深めグレーの夏の着物から、ハクロドレス 縦にウェイビーストライプの入った夏着物。   深めのグレーに、張りと透け感のある生地。 ハクロドレスにすることで、大人っぽくシックな一着に。 【Geshi collection】 T0045 | 深めブルーの着物から、ハクロドレス ボタニカル柄の深いブルーのお着物。落ち着いた青に、型染めのように描かれる黒の模様が特有。キモノフクにすることで、大人っぽい上品な一着に。 【Geshi collection】 T0047...

キモノフク(着物リメイク)の商品一覧を公開【つると辞典 一号】

着物リメイクという、同じものを作ろうとも作れない服づくりは、私たちに様々な気づきを与えてくれます。今回は、「夏の佇まい」を意識したキモノフクのコレクションを”つると辞典” にてまとめたので、ぜひ着物リメイクのワンピースやシャツ、小物などをまとめて見たい方は、こちらをご覧ください。 

着物リメイク 茶ハオリドレス | キモノからインスパイアされたワンピースドレス

茶ハオリドレス は、私たちのルーツである着物から、インスパイアされたカタチです。首元は、着物を思わせる形に、裾のサイドに程よい深めのスリットをいれ、エスニック&エレガントに仕上げました。ラップドレス・コート・ワンピースとして、着られる一枚。

着物リメイク ゆえシャツ | 「夏の佇まい summer collection」

キモノフク(着物のアップサイクル)を展開する中で、「夏の装い」にふさわしいシャツ”アロハシャツ”を着物地で再構築しようと思い、「ゆえシャツ」を製作しています。繊細で粋な着物のうつくしさが要素として、アロハシャツには息づいています。アロハのルーツに、着物が関係しているように、日本の文化が何かのルーツになることの意味合いを込め、「ゆえシャツ」とネーミングしました。より現代に馴染むよう、キモノの特徴活かした、コンテンポラリーな衣服に仕上げました。

着物リメイクのワノシキ | Makuake にて「夏の佇まい summer collection」公開

「わのしき」は、現代版の平包(風呂敷)として、正絹(シルク)の着物をメインに、着物の裏地などを掛け合わせた、可能性あふれる四角い布。「織りのうつくしさ」や「柄の繊細さ」がしっかりと感じられる”わのしき”には、着物だけでなく、着物の裏地も使用。丁寧につくられている着物の裏地は、肌触りと色合いが抜群。また、表の着物と裏地の配色に、タイムレスな美的感覚を感じさせる。

寄り添う「お店」

オンラインストアだからこそ
心あるお店づくりと対応を。

チャリティー

売り上げの一部を
寄付しています。

さらに詳しく >

無駄なく、包む

環境に配慮した、
ミニマルな梱包・包装。