MATSURI TRAVEL 東北|10年の時間

「自然の前では小ささを確認するばかり」 染色家の友人から貰った手紙の一言に、深くうなずいた。 遡ること2016年。TSURUTO が動き始めた頃、「MATSURI TRAVEL」という、催事を行っていた。その催事では、日本各地のサステイナブルに生産されている“和のもの”を紹介し、和のあたらしい姿を提案していた。 中でもデニム・ジーンズファンを驚かせたプロダクトがある。 それまで廃棄されるしかなかった“メカジキの吻(角)”を、デニムに活かしたオイカワデニムのプロダクト「Swordfish fiber mixed Denim | メカジキデニム」である。 紡績の段階で、高品質のオーガニックコットンと粉砕したメカジキの吻を混紡、銅・金属製であるチャックなどのパーツは、タグワ椰子が原料の本ナットボタンが使われていたりと、そこまでやるのかと驚かされる「土に還るデニム」なのだ。 『あの日の記憶』 そのメカジキデニムは、宮城県は気仙沼にてつくられている。 ようやく最近になり、SDGsやエシカルという言葉を耳にする機会が増えた。しかし、その言葉が現在のように耳にする前から、このメカジキデニムは存在している。 背景として、10年の歳月が立つ2011年3月11日の大震災。オイカワデニムの拠点である気仙沼は、大震災で甚大な被害を受けた。今なお、「あの日、何をしていたか、誰と過ごしていたか、どこにいたのか」が、人それぞれ記憶を鮮明に持っているのではないだろうか。 そして、自然災害という、ひとが太刀打ちすることのできない体験は、其々に「大切な何か」を与えてくれた。 『オイカワデニムと地元漁師との交流』 宮城県気仙沼市には、気仙沼漁港があり、通年でカジキマグロなどが水揚げされている。その気仙沼の地元漁師とオイカワデニムとの交流は、震災を機にはじまった。 煮ても焼いても食べることのできない、メカジキの吻。それは、廃棄されるしかない代物であった。交流の中、知った事実に対し「その廃棄をどうにかできないか」という問いから生まれたのが、メカジキデニムであった。 『10年という時間』 2011年から、2021年という“10年の時間” エコロジーに関しての問題意識は、以前からあったものの、この国の意識は、ようやく動き出したように感じる。 メカジキデニムは、瞬間的なキャンペーンのためではない。 この10年を経て、社会的イシューと、プロダクトとしてのクオリティに真摯に向き合う、オイカワデニムの姿勢は、一本のデニムに昇華された。 そしてこれからも熟成されていく。 VIEW...

間伐材と木のある暮らし

この国の建物は木造のものが多く、 私たちの潜在的な感性で木から温もりを感じ取ることもできます。 木の曲線に美しさを見出した盆栽、香木をたき時間や空間を楽しむ香道、心落ち着かせる音を放つ焚き火 木々は昔から、五感を刺激する役目を担っていた存在です。 現代でも木々を見て落ち着く感覚を覚えるのは、暮らしの中で木製の品々に囲まれることを自然と望んでいるからかも知れません。

寄り添う「お店」

オンラインストアだからこそ
心あるお店づくりと対応を。

チャリティー

売り上げの一部を
寄付しています。

さらに詳しく >

無駄なく、包む

環境に配慮した、
ミニマルな梱包・包装。