今日から始める、シンプルな風呂敷の包み方、使い方。|エコバッグ編 着物リメイクの風呂敷

 四角い布を風呂敷と名付け、さまざまな包み方・使い方を生み出し、日常的道具として風呂敷を使用してきた先人たちは、どんなにクリエイティブ だったのでしょう。 その昔に培われた風呂敷文化は、今の時代にも決しておとらず、私たちの生活をより豊かにしてくれる可能性を秘めています。 日本で生まれ育ったとしても、小さい頃から風呂敷を使っているという方は、どれほどいるのでしょうか。 箱やワインを包んだり、手提げやエコバッグとして自由に風呂敷を使いこなし、日々の暮らしを前より少し身軽に、心地よさを感じる。そんな愉しみをわのしき(着物リメイクの風呂敷)から味わってもらえるよう、この記事では、今日から始められる、シンプルな風呂敷の包み方・使い方をご紹介します。 知っておきたい わのしき のこと シンプルな結び方 : 真結びと一つ結び オルタナティブエコバッグ : わのしき結び 最も王道な風呂敷の使い方 : お使い結び 知っておきたい わのしき のこと “わのしき”は、着物リメイクをしている中で出会った着物を使用し、一枚の四角い布に仕上げた、現代版風呂敷です。キモノの幅(反物幅)をそのまま使用するため、横が 65 ~ 74 cm の長さの四角い形をしており、簡単に折りたためバッグに収納しやすい大きさになっています。 使用するのは、ヴィンテージの着物や着物の裏地、デットストックの反物などです。そのため、日本の美的感覚を再認識するような柄や模様、ものづくりの姿勢を知る裏地の素敵な色合いが、特徴的に一枚の布に現れるのです。 大きさ:縦...

わのしき「キモノから四角いお供」|着物リメイクの風呂敷でおしゃれに”用の美”を愉しむ

休日の朝、近くのパン屋さんで朝食のパンを買う時。 何気なく立ち寄った本屋さんで、気に入った本と出会った時。 友人へのプレゼントや贈り物を少しオリジナルに送りたい時。 日常の中で、袋や包装紙を使う機会が点在しています。 日本では古くから、そのようなシーンで「風呂敷」が使われていました。 形としては至ってシンプルで、正方形に近く(縦の方が若干長い)、商人が品物を運搬したり、旅人が荷造りするのに用いたりと、広く定着していたそうです。 一枚の四角い布を、いろんな包み方をすることで、小物を入れる巾着に変化すれば、贈り物にふさわしい包みにもなり、大なり小なり用途に合わせて使うことができる風呂敷。 折り紙と同じく、自由な発想をもとに物を使うところに、用の美を感じますよね。 つるとでは、着物リメイクのひとつとして、着物や裏地をその使用した“わのしき”(風呂敷)を製作しています。 今回は、タイムレスで独自性あるプロダクト わのしき をご紹介します。 特徴その1)目と手で味わう美しさ 特徴その2)自在で機能性ある用の美 特徴その3)タイムレスなデザイン 現代版風呂敷で、日常を彩る  着物リメイクならではなの特徴その1|目と手で味わう美しさ つると で製作するわのしきは、キモノフク(着物リメイク)で使用する着物やその着物の裏地が素材となります。キモノフク同様に、着物を解き、洗いを終えた後、コーディネート(組み合わせ)を考え、一枚一枚仕上げています。 着物から、四角い布を製作することで、着物のもつ風合いが程よく現れ、上質で洗練された風呂敷に仕上がります。 織りの素材感を知る コットンの布生地や、和柄がプリントされている化繊の生地とはまた異なる、着物独自の素材感を味わうことができるのが、着物リメイクだからこその特徴です。 キモノフク全体を通して、着物に描かれた和の柄や模様の多様さを伝えています。その真髄たる和の柄の多様性は、わのしきにも通じ、さらにはそれぞれの産地による織りの違いを味わうことができるでしょう。 着物リメイクならではなの特徴その2|自在で機能性ある用の美 “用の美”は、わびさび 同様、世界に発信したい和の美意識のひとつですが、その定義自体は、比較的あたらしいです。 庶民の生活道具として使われていた、名もない職人による民芸品に新たな価値を見出し、“用の美”が称えられました。それは、1900年代であり、さほど昔のことではありません。 現代的“用の美”...

寄り添う「お店」

オンラインストアだからこそ
心あるお店づくりと対応を。

チャリティー

売り上げの一部を
寄付しています。

さらに詳しく >

無駄なく、包む

環境に配慮した、
ミニマルな梱包・包装。