日本橋三越本店でのイベントのお知らせ 10/16-22
News

日本橋三越本店でのイベントのお知らせ 10/16-22

 つると が「はかり屋」に、gallery shop TSURUTO をオープンし、10月11日で一年が経ちますが、偶然にも節目のタイミングで日本橋三越本店にて、ポップアップのイベントを開催します!! 今回は、「キモノフク」がメインとなるため、たくさんの素敵なお着物たちが衣服としてアップサイ...

Read more
一年が、経ちます。 gallery shop TSURUTO
News

一年が、経ちます。 gallery shop TSURUTO

 埼玉は越谷市にある古民家「はかり屋」にて、gallery shop TSURUTO をオープンし、10月11日で一年が経ちます。 アート展を見に来ているかのように、そこにある「モノ」に触れ、お買い物を楽しんでほしいという思いが、そこにはあります。  ギャラリーショップで紹介してきた「モノ...

Read more
間伐材と木のある暮らし
和の暮らし

間伐材と木のある暮らし

この国の建物は木造のものが多く、 私たちの潜在的な感性で木から温もりを感じ取ることもできます。 木の曲線に美しさを見出した盆栽、香木をたき時間や空間を楽しむ香道、心落ち着かせる音を放つ焚き火 木々は昔から、五感を刺激する役目を担っていた存在です。 現代でも木々を見て落ち着く感覚を覚えるのは、...

Read more
わたす#2
Publishing

わたす#2

 誰かが思いと感性を込め創り上げたモノには、うつくしいデザイン性だけでなく、物語が存在します。しかし、モノは作り手から生み出されただけでは、100%の完成ではないと思っています。だれか、どこかと空間を共有し、溶け込むことで成立すると私は考えています。そして、その空気を絵として切り取ったような...

Read more
江戸ファッション×多様性|リカイトウのイラスト連載 #02
和の衣のカルチャー

江戸ファッション×多様性|リカイトウのイラスト連載 #02

江戸ファッションは、着物が主流なので着物流行が中心の流行がありました。 流行になるまでのプロセスは、現代のファッションと似ていて、歌舞伎役者や遊女が、流行を発生させ、けん引するファッションリーダ-としての役割を担っていました。それは、現代のように仕掛け人がいて、TV、雑誌、ネットを通じてはや...

Read more
「野良着×ジーンズ」|リカイトウのイラスト連載 #01
和の衣のカルチャー

「野良着×ジーンズ」|リカイトウのイラスト連載 #01

こんにちは! TSURUTOインターンのリカイトウです。  連載第1回目は「野良着×ジーンズ」についてお伝えしたいと思います。  今回なぜこのテーマを選んだかというと、 私はよくNetflixで配信されている「クィア・アイ」というアメリカの番組を見ているんですね。 その中で、アントニという出演...

Read more
着物を解くということ
KIMONOFUKU

着物を解くということ

なぜ、着物をほどき、リメイクするのか。その理由は、15年以上前に遡ります。ファッションというものが、私自身にとってカッコイイ存在てあってほしい、そう願っていた20歳過ぎの頃。すでに、ファストファッションがヨーロッパで人気を博し始め、日本にもその後、流れ込んできました。当時大学生だった私は、恵...

Read more
#0001 サイカイの衣|40年の時を経て 
KIMONOFUKU

#0001 サイカイの衣|40年の時を経て 

「嫁入り道具として、結婚時に母に持たされて、 そのまま40年間、箪笥にしまったまま着てないんです」 40年間も時を経て眠っていたとは、とても思えない、 柔らかな色合いと、色褪せない魅力的な花柄。 長着から、作務衣へ。

Read more
サイカイの衣|着物リメイク
KIMONOFUKU

サイカイの衣|着物リメイク

サイカイの衣は、日本の美学が詰まる着物や反物を”日常の衣”として、より多くの人に普段の生活で着ていただけるデザインであることをこころがけています。 着物のリメイクは、大切にされてきた着物を”着る”というカタチで次に喜んでもらえるコト

Read more